小柳直人「大学時代」そして「現在」

こんにちは。小柳直人です。

“平成を思い出と共に振り返ろう”と思い書き出した文章ですが、かなりの量になってしまいました。
ぼくが生まれた1991年(平成3年)から、小学校入学平成9年、中学校入学平成15年、高校入学平成18年と追っています。

そして今回は大学へ入学した2010年(平成22年)について思い出していこうと思います。

【小柳直人大学時代】2010年(平成22年)〜2014年(平成26年)

高校3年間を弱小サッカー部での活動に捧げてきたので、勉強という勉強をしていませんでした。就職をするつもりでいましたが、母親の「これからの時代は大学を出ていないと話にならないわよ。」の一言で、実家から通える距離にある大学を目指しました。いまの頭では合格は無理。と担任に言われたので約1年間猛勉強し、なんとか入学することができました。

大学生活はとても楽しいものでした。ピアスを開けたり、ヘアカラーを楽しんだり、ファッションにかなりお金を使いましたね。先生に何にも言われないんだ、と当たり前のことなんですけど衝撃でした。

この年は、マイケルジャクソンが亡くなったり、イギリス人女性殺害事件で市橋容疑者が逮捕されたり、映画で言うと、『スター・トレック』、『ナイトミュージアム2』、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、『ハリーポッター謎のプリンス』など観に行きましたね。

当時の彼女のリクエストで『余命1ヶ月の花嫁』も観に行きましたが、恋愛物は全く得意ではないので、半分くらいで寝てしまって怒られた記憶があります。(笑) その日からメールの返信が来なくなり別れたんですよね。その他の原因がわからないのでやはり映画でしょうね。(笑)

たしか『アバター』もこの時期でした。話題になりましたね。ぼくはあまりにもCG過ぎて興味がなかったので見ていませんが。

そして現在社会人も5年目ですが、果たしてちゃんと子どものころ思い描いていた立派な大人になれているのかどうか。30歳までには美人で料理の上手な奥さんと結婚という夢がぼんやりとありましたが、どうも叶いそうにありませんね・・・。

この年になると、行動力もなくなり出会いなんてどこに落ちてるんだ?という具合です。できることなら平成のうちに結婚したかったですね。あと1年もありませんが、ちょっと頑張ってみようかな。平成から新年号に変わることで自分たちに直接的な変化があるわけではないけれど、大きな区切りですよね。

皆さんも、達成できていないこと、ぼんやりとやりたいなと考えていたことなどあれば、“平成のうちに”頑張ってみてはどうでしょうか?

それでは、また。小柳直人でした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 神澤光朗は家族思いの優しい性格をしています。佐賀県出身の神澤光朗は、大家族の中で育ってきました。両親…
  2. 今悩んでいることがある人は都内 占い 当たるで評判のスピリチュアリー東京へ足を運んでみてはいかがでし…
  3. 日本ペットシッターサービス横浜みなみまとぅか〜店は観光都市として人気の高い横浜市栄区を中心に戸塚区や…
ページ上部へ戻る