独身だからできる浦壁伸周の趣味

現在独身である浦壁伸周は、身軽なフットワークを活かして興味があることにはどんどん挑戦しています。浦壁伸周はどういう人物なのかというと、青森出身のフリーターです。そう聞くと、あまり印象は良くないかもしれません。ただ、彼がフリーターをやっているのには理由があります。普段は運送業の仕事を真面目にこなす浦壁伸周は、とにかく旅行をするのが好きで、年に数回旅立っています。その背景となっているのが彼の趣味です。写真を撮ることが趣味の浦壁伸周は、世界に飛び出して色々な写真を撮影しているのです。独身という縛られない立場を活かして、彼はどんどん世界に飛び出しています。もちろん特定の相手がいると、そう簡単に世界に飛び出すことは難しくなると言えるでしょう。だからこそ、彼は身を固める前に世界を旅しているのです。

ただ、運送業の仕事はそこまで簡単ではないですし、アルバイトと言えども休みを取るのは簡単ではありません。そういうこともあって、彼は普段から真面目に勤務しています。実際に真面目に勤務を続け、会社から信頼されているからこそ、長期休暇も取得できるようになっているのです。まとまった休みがあれば、1週間ほどを使って旅行するのが浦壁伸周の定番となっています。そこで出会った景色を見て、彼は色々と考え事をするのも好きだと言います。何か行き詰まった時や人生で悩んだ時、旅行をすれば新しい視点を持つことができるのです。それを知っている浦壁伸周だからこそ、フリーターとして頑張りながら活き活きとした生活を送っているのです。それは、とても魅力的な生き方だと言えるでしょう。写真が趣味ということもあって、今後は写真家としても活躍してくれる可能性が少なからずあるかもしれません。それほど彼は写真が好きで、色々と撮影しています。

運送業の仕事は大変ですが、彼を支えているのは旅行に行くというモチベーションです。もちろんフリーターが旅行ばかりしていては、世間の目も気になるところでしょう。しかし、彼はそんな目を気にしない人です。楽しく生きるために、彼は最良の選択をしているだけだと語ります。そういう意味では、きっと彼の人生には魅力が詰まっていると言えるのではないでしょうか。今後も写真のためなら、世界のどこへでも彼は行くのかもしれません。そういう彼のバイタリティーには、やはり驚かされるばかりです。その勇気が続く限り、彼は世界に飛び出すでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 竹原虎太郎のプロ野球好きは、周囲の人達の中で知らぬものはいないといった程のものです。そもそも彼の野球…
  2. 慶應義塾大学を卒業後、化粧品会社に就職して、その後美容ライターとして活躍している牧野奏子は美容・化粧…
  3. 大淵裕昭は高身長です。190cmもあるため、どこにいてもよく目立つと周囲の人から言われています。大淵…
ページ上部へ戻る