花まる学習会高学年コースの魅力

花まる学習会の高学年コースで学習すること

花まる学習会の高学年コースは小学4年生から6年生を対象とし、年間で42回の授業が行われています。そのうち特別授業が9回あります。1回の授業時間は90分、各チームに講師が1人ついてくれます。
花まる学習会の高学年コースの学習テーマは、学習の仕方と論理的思考力を身につけることだそうです。低学年時代にセンスやイメージ力、学ぶ喜びを培い、高学年で大人の思考力や論理的思考力を育てていくことを目標に指導されます。そして、学習の仕方を学んでいきます。問題をやりっぱなしや解きっぱなしにせず、課題をクリアできるような学習法を子どもに教えてくれるそうです。

花まる学習会の高学年コースで使用されているSなぞぺーという教材

まず1つめは、花まる学習会オリジナルの数理思考系教材Sなぞぺーです。Sなぞぺーは、高学年ならではの思考力問題が用意されています。レベルが高く、試行錯誤を繰り返しながら解かなくてはなりません。こちらの問題集は『考えを残すこと』を重視して作られたそうです。子どもが未知の問題に対して手を動かしどれだけ粘り強く考えられるか、考察したあとを残せるかを講師の方はみられているそうです。このような経験を積むなかで、問題のポイントを見抜く力や考え抜く力が養われていくと花まる学習会は考えています。

花まる学習会の高学年コースで使用されている算数と国語の教材

次に『わからないままをゼロにする』ことをコンセプトに構成された算数テキストが用意されています。こちらのテキストは学校のカリキュラムを網羅し、基礎問題や復習、発展問題のページと3つのカテゴリーに分けられています。通常授業で子ども自身が解いた問題には丸をつけ、解けなかった場合はバツをつけておきます。そして、解けなかった問題は復習回で解き直します。さらに子どもの進み具合に応じて、発展問題にトライしてもらうそうです。
花まる学習会の高学年コースの教材3つめは、国語のテキストについてです。設問は花まる学習会が作っています。物語や説明文、韻文が取り上げられています。こちらのテキストでは、指示語や学年ごとに重点的に鍛えたい力を身につけてもらえるように構成されています。小学4年生から6年生の間におよそ60作品の素材に触れてもらい、文章を過不足なく映像化する力を育みます。また、俳句や短歌、名文などから風景を描写する力を学んでいくそうです。
他にも言葉ノートというものが用意されています。子どもに触れてほしい語句や四字熟語、子ども自身が分からない言葉を調べさせます。この学習は、子どもが分からない言葉と出会った時に立ち止まり考えられる人に育つように、という狙いが隠されています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 当初は大手検索エンジンが主流だったポータルサイトですが、昨今では「美容」、「グルメ」など、様々なジャ…
  2. 白石達也は子供のころ、「少し変わった子」として周囲から認識されていました。彼は物心がつく以前の幼年期…
  3. 庭野仁司は、年齢が38歳の美容師です。美容室を経営しているので、時間の自由はきくようなのですが、職業…
ページ上部へ戻る